富山駅の蔵

八兆屋駅の蔵 富山駅店 富山市

目次

場所

JR富山駅を出ると、すぐに「クラルテ」というビルが駅構内にありますので、その2階に「八兆屋 駅の蔵 富山駅店」があります。
地図はこちらです。

金沢駅の蔵

2019.01.05
金沢駅も同様に、西口の手前の「金沢百番街」内に、「八兆屋 駅の蔵 金沢駅店」があります。
ランチメニューの一部を紹介させていただいています。

料理

かにチーズ春巻き(1)
かにチーズ春巻き、です。
蟹を使った料理の中で、一番人気のあるメニューだそうです。
かにチーズ春巻き(2)
蟹の風味が融合した、クリーミーなホワイトソースとチーズの味が最初に口に広がり、噛んでいくと、しその風味が口の中に広がっていきます。

つぼ鯛の醤油麹焼き(1)
こちらは、つぼ鯛の醤油麹焼き、です。 希少性の高い、脂がのってジューシーな、つぼ鯛を自家製の醤油麹で焼いた一品です。
つぼ鯛の醤油麹焼き(2)
とても、柔らかいのですが、身がしっかりしていて、噛めば噛むほど脂がどんどん口に広がっていきます。
醤油麹の味付けが、旨味をさらに引き立てています。

五箇山豆腐の昆布〆(1)
五箇山豆腐の昆布〆、です。
雑味がなくシンプルな料理ですが、丁寧に調理されていることがわかります。
五箇山豆腐の昆布〆(2)
なめらかな豆腐で、ほのかに大豆の風味を感じ取ることができました。
とろろ昆布との塩気がとても良いアクセントでした。

富山牛のカルパッチョ(1)
オシャレな料理ですが、こちらは、富山牛のカルパッチョです、低温で加熱し牛肉本来の味を生かしているとのことです。
富山牛のカルパッチョ(2)
レアの柔らかいお肉がとても美味でした。
バルサミコ酢とマヨネーズソースで味付けされており、レタスとぶどうベースのソースと一緒に食べると、バルサミコ酢の酸味とマッチして、さらに美味しくいただけます。

石焼きチーズリゾット(1)
石焼きチーズリゾット。
しめじ、まいたけ、しいたけの香りも良いのですが、なんと言っても、卓上に運ばれてきたときの、チーズの香りの衝撃が今でも忘れません。
石焼きチーズリゾット(2)
食べると、キノコの風味がジワリ、ジワリと感じとれて、さらにトマトソースを入れると、ピザのような味に変化します。

とろろ昆布のお茶漬け(1)
とろろ昆布のお茶漬け、です。
ご飯の上に白ごまととろろ昆布とわさびがのっています。
とろろ昆布のお茶漬け(2)
ダシが効いていて、気分が落ち着く、優しい味です。

せいろ蕎麦(1)
一ヶ月以上寝かした「かえし」を使っている、せいろ蕎麦です。
せいろ蕎麦(2)
瑞々しい蕎麦で、とても軟らかく、滑らかな麺汁との相性が抜群でした。

炙り秋刀魚と九条ねぎのぬた
炙り秋刀魚と九条ねぎのぬた、です。
白味噌の甘い味付けがされていました。
魚の生の感じが苦手な方は、臭いに抵抗があるかもしれませんが、お酒との相性はとても良いと思います。
そば茶プリン
口の中で、すぐにとろける、滑らかな、そば茶プリンです。
クリーミーというよりも、滑らかで、程よい甘さで、そば粉の香りが良く、お茶に合うプリンだと思います。

まとめ

富山駅の構内になる、「八兆屋 駅の蔵」です。
単品メニューを注文しましたが、一つ一つの料理が丁寧に調理されていることが分かります。
魚が苦手な方は、メニューよっては、厳しいかもしれませんが、アレルギー等がなければ非常に食べやすい料理が豊富だと思います。
どの料理がオススメかは、非常に悩ましいですが、来店した際に、スタッフさんに確認する、そのとき旬な素材の料理を案内していただけると思いますので、是非確認しましょう。
富山駅店と金沢駅店で、共通のメニューもありますが、富山駅店のみ、あるいは金沢駅店でしかないメニューもありますので、両方の店舗に足を運ぶ価値は十分にあると思います。

店舗情報

店名 八兆屋 駅の蔵 富山駅店
住所 富山県富山市明輪町1-230 クラルテ2F
Googleマップ
電話番号 076-443-1077
バリアフリー 場所が2階で階段を使う必要があるため、ベビーカーや車椅子での来店は難しいと思います。
喫煙・禁煙 喫煙可(11:00~14:00は完全禁煙)
客層 20〜60代の年齢層が多く、男女比は6:4程度です。
2人以上での来店がほとんどです。
BGM クラシック
注文後の待ち時間 5〜10分程度
営業時間 11:00~23:00
定休日なし
クレジットカード 可能
混雜状況 時間帯によっては混雑しますが、席数が多いので、席が確保できない可能性は低いと思います。
4人以上の団体で、利用される場合、事前に電話等で予約をされたほうが安全です。