「カップヌードル」は混ぜるとウマイらしい

「カップヌードル スーパー合体」シリーズ4品 インスタント

目次

「カップヌードル スーパー合体」シリーズ4品について

カップヌードルは1971年9月18日に発売開始され、2021年には50周年を迎えました。
発売以来、数多くの「カップヌードル」のアレンジメニューが誕生してきました。
その中でも複数のフレーバーを混ぜ合わせる食べ方がSNSを中心に散見されるようになりました。
そこで、50周年記念商品として、「カップヌードル」の8つの定番フレーバー「八福神」から2つを組み合わせた「カップヌードル スーパー合体」シリーズが2021年9月13日に発売されました。
「カップヌードル」全28種の組み合わせの中から4つを厳選した上で、それぞれのベースとなるフレーバーを生かしつつ、最大限の旨味を引き出すスープの割合と具材の組み合わせを検証して「合体」させたそうです。
「間違いない味」の「カップヌードル」だからこそできる「絶対間違いない味」の商品、更に、2つの味が「合体」していることが一目でわかるパッケージは、デザインオフィスnendo (代表:佐藤 オオキ氏) がデザインを手がけられたそうです。
数量限定販売なので、この50周年を迎えた記念に一度は実食したいカップ麺ですね。

カップヌードル スーパー合体シリーズ

味噌&旨辛豚骨

味噌&旨辛豚骨(パッケージ)
味噌」と「旨辛豚骨」の組合わせ。
2つのカップヌードルが合体しても、パッケージのデザインに全く違和感がない点に感服です。

味噌&旨辛豚骨(特製旨辛ラー油)
蓋の上には、「旨辛豚骨」と同じ「特製旨辛ラー油」の小袋が付いています。
また、「フタ止めシール」ではなく、「ダブルタブ」になりました。

味噌&旨辛豚骨(カロリー)
カロリーは406kcal(めん・かやくは341kcal、スープは65kcal)、「味噌」のカロリーが383kcal、「旨辛豚骨」のカロリーが391kcalですので、その2つを足して2で割った387kcalよりも高いので、合体するにあたりプラスアルファの素材を追加しているのではないでしょうか。

味噌&旨辛豚骨(ダブルタブ)
このカップヌードルの実食で初めてダブルタブを使いました。
2箇所のタブをしっかりと折り曲げて、しかも「特製旨辛ラー油」の小袋を置いても隙間が目立ってしまいます。
「トリプルタブ」のほうが密閉しやすいように思えましたが、実際に検証してみないと、なんとも言えないですね。

味噌&旨辛豚骨(熱湯3分後)
熱湯3分後、蓋の上で温めておいた「特製旨辛ラー油」を投入し、かき混ぜて完成です。

味噌&旨辛豚骨(実食)
宛(さながら)ら「豚骨味噌」ラーメン、実食した素直な感想です。
むしろ、これまでの「カップヌードル」で「ありそうでない」フレーバーのひとつではないでしょうか。

カップヌードル&しお

カップヌードル&しお(パッケージ)
「カップヌードル」と「しお」の組み合わせ、基調色が異なるパッケージを合体しているので、多少違和感があるデザインかもしれません。

カップヌードル&しお(カロリー)
カロリーは341kcal(めん・かやくは321kcal、スープは20kcal)、「カップヌードル」のカロリーは351kcal、「しお」のカロリーが364kcalですので、2つのカップヌードルの平均カロリー357.5kcalを低いので、分量の問題かもしれません。。

カップヌードル&しお(ダブルタブ)
蓋の上で温める別添の小袋がないので、熱湯を注いで蓋を閉じて3分の間、何度かタブが開いて、蓋が開いてしまうことがありました。

カップヌードル&しお(実食)
実食しました。
しお」が「薄口醤油ベース」を使ったような味としますと、こちらの「カップヌードル&しお」は「濃口醤油」を使った味、といった印象でした。

チリトマト&欧風チーズカレー

チリトマト&欧風チーズカレー(パッケージ)
チリトマト」と「欧風チーズカレー」の組み合わせ。

チリトマト&欧風チーズカレー(チーズパウダー)
蓋の上には、別添の「特製チーズパウダー」の小袋が付いておりました。
欧風チーズカレー」にはない小袋ですので、気になるポイントです。

チリトマト&欧風チーズカレー(カロリー)
カロリーは375kcal(めん・かやくは327kcal、スープは48kcal)、「特製チーズパウダー」が付いているにも関わらず「チリトマト」のカロリー354kcalと「欧風チーズカレー」のカロリー414kcalを合わせて2で割った384kcalよりも低いです。

チリトマト&欧風チーズカレー(特製チーズパウダー投入)
熱湯3分後、「特製チーズパウダー」を投入します。
熱湯を注いだ後、「特製チーズパウダー」が入った小袋を蓋の上で温めてしまうと、小袋の中身のチーズが溶けてしまうので、カップ容器に注入しづらくなりますので、必ず蓋から取り外しておいたほうが良いです。
ただし、ダブルタブで、熱湯を注いだ後、蓋が開いてしまうので、その小袋を重し代わりにした いという気持ちは否定できませんが。

チリトマト&欧風チーズカレー(完成)
「特製チーズパウダー」を投入後、かき混ぜて完成です。
かき混ぜていくとカレーの芳ばしい香りが周囲を漂います。

チリトマト&欧風チーズカレー(実食)
実食です。
トマト、チーズ、カレーの3重奏は確かに相性が良く、新しい「カップヌードル カレー」の味を楽しめますが、チリソースの辛味が少し雑味に感じました。
この点については個々人の好みに依存すると思います。

カレー&シーフード

カレー&シーフード(パッケージ)
カレー」と「シーフード」の合体、つまりシーフードカレーヌードル。

カレー&シーフード(カロリー)
カロリーは369kcal(めん・かやくは328kcal、スープは41kcal)、「カレー」の422kcalと「シーフード」の323kcalの平均が367.5kcalとほぼ同じカロリーです。

カレー&シーフード(タブルタブ)
「フタ止シール」から「ダブルタブ」に変わり、蓋が開かないように監視する時間が増えたかもしれません。

カレー&シーフード(実食)
まさに、シーフードカレーの味、カップヌードルのフレーバーで過去に本当に存在していないかどうか訝しく思います。
なお、カレーパウダーが底で凝固している可能性がありますので、しっかりとかき混ぜないと、食べていくと、カレーの味が薄味から濃い味になっていくといった羽目になります。

まとめ

カップヌードルは1971年9月18日に発売開始され、2021年には50周年を迎えました。
50周年記念に伴い「カップヌードル スーパー合体」シリーズ4品が2021年9月13日に発売されました。
そのシリーズ4品をすべて実食し、「なぜ今までこのフレーバーの味が発売されていなかったのだろうか」と疑問を呈してしまうくらい不思議に思いました。
なお、「カップヌードル スーパー合体」シリーズ4品は数量限定ですので、2021年10月上旬には、全国各地のコンビニエンスストアで完売しそうですね。