fishes rather than flowers

花より魚 富山市

目次

場所

富山駅南口から、富山駅前中央まで向かい、歩道を渡り新富町の交差点まで向かいます(富山駅南口で、市電に乗れば新富町まで行けます)。
新富町の交差点を右折し、少し進むと右手方向に「富山すし居酒屋 花より魚(はなよりさかな)」があります。

地図はこちらです。


越中に舞う華

2019.04.18
「越中舞華(えっちゅうまいか)」は、こちらの店舗様の姉妹店です。

店内

タッチパネル
注文は越中舞華(えっちゅうまいか)同様、タッチパネルです。
呼び出しブザーも用意されていますので、スタッフさんを呼び出して直接注文することもできます。
クーポン
越中舞華(えっちゅうまいか)同様、その店舗様で名刺をいただけます。
名刺はクーポンにもなっており、現金支払のみ、5000円以上飲食すると500円引きになります。

料理

ドリンク

生ビールと通し
まずは生ビールで乾杯。
お通しはファーストドリンクよりも先に卓上に運ばれました。
お通し
お通しです。
オクラととろろの小鉢は、疲れがとれそうな料理ですね。

日本酒(1)
こちらは店名と同じ「花より魚」という銘柄の日本酒です。
日本酒(2)
実際には「黒部峡」という銘柄の日本酒とのことでした。

握り盛り合わせ
握り盛り合わせ(十貫)です。
いくらの軍艦(撮影をするのを忘れて、食べてしまいました)以外個別に見ていきたいと思います。
握り盛り合わせ(とろ)
こちらは言わずと知れた、トロの握りですが、この艶やかなピンク色に見とれてしまい、食べるのがもったいないです。
もちろん、食べましたが。

握り盛り合わせ(シメアジ)
こちらはシメアジの握りで、あじの刺身に塩をして、酢で〆た握りです。
酢で〆ることでアジの味の旨味をさらに引き出しています。
握り盛り合わせ(ヒラメ)
こちらはヒラメの握りです。
ヒラメの寿司も意外と食べる機会が少ないかもしれませんね。

握り盛り合わせ(赤身)
こちらはマグロの赤身の握りです。
トロと言われても、納得してしまうかもしれません。
握り盛り合わせ(真鯛昆布締め)
真鯛昆布締めの握りです。
本場富山の昆布締めは美味を保証するに違いありません。

握り盛り合わせ(フクラギ)
こちらはフクラギの握りです。
フクラギはぶりの幼魚のことで、富山県内において、一番食べられている魚だそうですね。
握り盛り合わせ(シロソイ)
握りの最後になりますが、シロソイの握りです。

握り盛り合わせ(白エビの軍艦)
白海老の軍艦です。
まるで白海老が生きているような感じでした。
握り盛り合わせ(海トロの軍艦)
海とろの軍艦です。
「海とろ」とは「ナガラモ」のことを指すようです。


キスの天ぷら(1)
キスの天ぷらです。
天ぷらが金色に見えるのは、お皿から金色だからではありません。
キスの天ぷら(2)
この黄金色のキスの天ぷらですが、身があつく、しっかり詰まっているのですが、柔らかく、ホクホクしていました。
このようにタレで食べるより、塩で食べたほうが良いかもしれませんね。


幻魚の干物(1)
幻魚の干物です。
「幻魚」は「げんげ、ゲンゲ」と読みます。
幻魚の干物(2)
幻魚の干物ですが、非常に日本酒と相性が良いので、飲み過ぎに注意です。


天然まぐろユッケ(1)
「天然まぐろユッケ」で、卵黄ソース仕立てです。

生の牛肉のユッケはもう食べられませんが、魚のユッケであれば生でも食べられるのです。

まとめ

富山駅から路面電車で新富町で下車後、ほど近い場所にある店舗様です。
メニューの内容は越中舞華(えっちゅうまいか)と、ほぼ同一ですが、こちらの店舗様では完全個室制です。
ひとりで来店しても個室が利用できるので、贅沢な気分になりました。
「富山に来たら、魚を食べたい」ので「どこの店舗様に行くか」と悩みますが、何度富山に来ても悩みます。
もっと数多くの店舗様を訪ねたいですね。

店舗情報

店名 富山すし居酒屋 花より魚
住所 富山県富山市新富町2-1-4
Googleマップ
電話番号 076-471-7015
バリアフリー ベビーカーや車椅子での来店は可能です。
喫煙・禁煙 喫煙可
客層 完全個室制のため、来店されているお客様の確認ができませんでした。
BGM Jazz(サックス)
注文後の待ち時間 5〜10分程度
営業時間 17:00~翌01:00(L.O.0:00、日~木)
17:00~翌02:00(L.O.01:00、金・土・祝前日)
定休日なし
クレジットカード 可能
混雜状況 完全個室制のため、来店状況はわかりかねますが、かなり賑わっておりましたがので、複数人で来店される場合、電話等で予約をされたほうが安全です。