マリエとやまの「カプリチョーザ」

カプリチョーザ マリエとやま店 富山市

目次

場所

富山駅の南口を出て、左手方向に「マリエとやま」のビルが見えます。
「マリエとやま」のビル内の6階に「カプリチョーザ マリエとやま店」があります。

地図はこちらです。

六本木ヒルズのカプリカフェ

2018.09.24
こちらは「カプリカフェ 六本木ヒルズ店」で「カプリカフェ」ですが、「カプリチョーザ」と同じメニューがあります。

料理

1名様セット

一名様セット
パスタとサラダの一名様セットです。
パスタは種類の中から選べる。
サラダ
サラダは、レタス、パプリカ、オニオン、ささみが入っており、量も多いです。
野菜は新鮮で瑞々しく、お酢とオリーブオイルメインのドレッシングとチーズで食べます。

トマトとニンニクのパスタ1
パスタはカプリチョーザ開店から続く、一番人気のメニューの「トマトとニンニクのパスタ」を選びました。
トマトとニンニクのパスタ2
定番のパスタですが、ニンニクスライスがたくさんありますので、食欲が進みます。
ニンニクとコクのあるトマトはシンプルですが、病みつきになります。

ボロネーゼ、マルゲリータ

ボロネーゼ1
キラッタクラシックの「ボロネーゼ」で地中海の気候に近い淡路島で練り上げた生パスタが使われています。
ボロネーゼ2
弾力があってしっかりしていて食べ応えがあります。
ソースたっぷり、ひき肉、細かい人参、玉ねぎにチーズ、ミートソースが絡み合っていて美味でした。

マルゲリータ1
シンプルな材料ですが、味の無駄な主張がない「マルゲリータ」です。
マルゲリータ2
生地は薄いですが、もちもちした食感でナンのようです。

ミネストローネ、クリームグラタン

ミネストローネ1
トマトクリームベースの「ミネストローネ」です。
トマトの酸味とクリームの甘さがコクがあります。
ミネストローネ2
柔らかく煮込んだひき肉、ほうれん草、じゃがいも、人参がたくさん入っています。

クリームグラタン1
チキン、エリンギ、チーザ、トマトソースにチーズがたっぷり使われているグリルチキンとキノコの「クリームグラタン」です。
クリームグラタン2
このようにチーズはアツアツで伸びます。
グリルチキンは表面がカリカリで肉厚でした。

ライスコロッケ・ハーブティー

ライスコロッケ1
メニュー表に「カプリチョーザに来たら一尾は食べてほしい」と記載されている「ライスコロッケ」です。
ライスコロッケ2
「トマトとニンニクのパスタ」同様に定番の一品料理です。
ナイフで切るとチーズがゆっくりトロトロと出てきます。

ライスコロッケ3
カリカリの表面とライスとチーズとミートソースが絶妙でした。
サイズもありますので、2~3人で1つ食べるか、1人の場合、ライスコロッケのみ頼むか悩ましいところです。
ハーブティー
食後のサービスのオリジナルハーブティです。
ルイボスをベースにしたブラッドオレンジとブドウの香りをブレンドしたオリジナルティで、柑橘系の香りがたまりません。

まとめ

富山駅からほど近い場所にある「マリエとやま」の6階にある「カプリチョーザ マリエとやま店」です。
ランチタイムやディナータイムは、主にカップルの来客が目立ちます。
2018年で40周年を迎えたカプリチョーザの開店からあるロングセラーのメニューから新メニューと多彩なメニューが用意されています。
「カプリカフェ」にもある、「ライスコロッケ」と「トマトとニンニクのスパゲティ」は初めて来店された方にはオススメな料理です。

店舗情報

店名 カプリチョーザ マリエとやま店
住所 富山県富山市桜町1-1-61 マリエとやま6F
Googleマップ
電話番号 076-471-8231
バリアフリー ベビーカーや車椅子での来店は可能だと思います。
車椅子での来店の場合、事前に店舗様へ電話で確認をされたほうが安全です。
喫煙・禁煙 禁煙
客層 20〜50代の年齢層が多く、男女比は4:6程度です。
2〜4人での来店がほとんどです。
BGM 洋楽
注文後の待ち時間 15分程度
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:15)
定休日なし
クレジットカード 可能
混雜状況 席数が多いので、概ね3〜4割程度空席があります。