松屋、吉野家、すき家でうなぎ

土用の丑の日 料理

目次

「土用の丑の日」について

立春・立夏・立秋・立冬(四立)の直前の18日程度の期間のことを「土用」といいます。
「丑の日」は十二支の「丑」の日に相当する日付で、年や日付を十二周期で算出した2番目の日付に当たります。
2019年を例にしますと、立春、立夏、立秋、立冬はそれぞれ、2/4頃、5/5頃、8/7頃、11/7頃ですので、土用は1/17~2/3頃、4/17~5/4頃、7/20~8/6頃、10/20~11/6頃です。
そのため、2019年の「土用の丑の日」は1月28日、4月22日、5月4日、7月27日、10月31日が該当します。
一般的に「土用の丑の日」は立秋前を示唆しますので、2019年は7月27日です。
なお、2018年は7月20日でした。

「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣となったのは、冬が旬の鰻が夏に売れなかったため、困った商売人が平賀源内に相談した結果、発案されたと言われています。

松屋、吉野家、すき家のうなぎ

松屋、吉野家、すき家の牛丼チェーン店で最初に鰻をメニューに導入したのは、すき家だと記憶しており、その後、吉野家が続き、ついに松屋からも鰻を使ったメニューが登場しました。
2019年の「土用の丑の日」は7月27日でしたが、各社販売期間が限られているため、せっかくなので、その日だけで鰻をたべるのではなく、各店舗で味わってみました。

松屋

うな丼(松屋)1
2019年7月中旬ぐらいから松屋でも、ついに「うな丼」が登場しました。
うな丼(松屋)2
順次販売終了予定でしたので、2019年7月27の土用の丑の日の1週間ぐらい前に食べました。


千歳烏山駅すぐ側にある松屋

2018.07.01
数えきれないほど来店した「松屋 千歳烏山店」で、こちらの「うな丼」を堪能しました。

吉野家

鰻重(吉野家)1
吉野家でも、うな重が登場しました。
しじみ汁をセットにしました(味噌汁がセットだと嬉しいですが、仕方ありません)。
鰻重(吉野家)2
丼物のメニューが多い吉野家で、重箱が登場するとは思いませんでした。
他の牛丼チェーン店と差別化をしているかもしれませんね。


浜松町駅近くの吉野家

2019.07.26
うな重は「吉野家 浜松町店」で食べました。
他のメニューも注文しました。

すき家

うな牛(すき家)
鰻と牛肉の組み合わせが相性が良いと誰が一番先に気づいたのでしょうね。
すき家でお馴染みの「うな牛」です。
特うな丼(すき家)
2019年7月27日の土用の丑の日には、すき家で「特うな丼」を食べました。
ちょっとした贅沢も、ずいぶん身近なところで外食ができるようになったものです。


仙川駅近くのすき家

2019.07.27
「すき家 仙川店」ですが、他のメニューなどはこちらに記載しております。

その他

ファミマのうな重(1)
こちらは2018年7月20日の土用の丑の日にファミリーマートで購入した「特上 鹿児島県産 うなぎ蒲焼重」です。
ファミマのうな重(2)
その時の価格は2,680円(税込)と、かなりお財布に厳しかったです。

ファミマのうな重(3)
この鰻の蒲焼を食べたときに、思わず絶句してしまいました。
同等のうな重を他の店で食べると、きっとこの価格では食べられないと、素人でも分かるくらい絶品でした。
ファミマのうな重(4)
もちろん、綺麗に残さず食べました。
なお2019年は予約制で、しかも店舗によっては予約もできませんでした。

まとめ

松屋、吉野家、すき家で、それぞれ鰻を食べました。
どこか一番美味か、オススメかと問われると非常に悩みます。
主観では一番足繁く通っている松屋を推したいところは否めませんが、吉野家やすき家も、人それぞれ、来店頻度が違うと思います。 「土用の丑の日」に限らず、行きたいときに、好きな場所で食べるのが一番だと思います。
もちろん、三店舗で食べてみるのもありです。
それでも2回、すき家で鰻を食べたのは、どの牛丼チェーン店よりも先に鰻がメニューに登場したから、といった単純な理由です。
ただし、松屋だけが味噌汁が無料でセットである点は、かなりポイントが高いです。

コンビニエンスストアのうな重も決して侮れないですし、こういった「土用の丑の日」が近づいたら、きっと料金を抑えてくれるだろうという各社の顧客満足に対する誠意を信じて、食べられるときに食べるで良いのではないでしょうか。