アーバンプレースのこんぺい

ごんべい舎 アーバン店 富山市

目次

場所

富山駅の北口を出て、富山駅北の交差点を渡ると、「アーバンプレイス」というビルがありますので、その地下1階に、「ごんべい舎 アーバン店」があります。
なお、富山駅から北口への移動は少し煩雑ですのでこちらをご参照ください。

地図はこちらです。

料理

アラカルト

ブラックじゃがバター
こちらは「ブラックじゃがバター」という名前の料理です。
バターとイカのくろ作りを合わており、。いくろ作りが塩辛く、ジャガイモと非常にマッチしていました。
明太ポテトサラダ
明太子が結構きいてて辛めで大人な味の明太ポテトサラダです。
お酒のつまみにぴったりだと思います。

真いか鉄板焼き酒盗和えバターのせ(1)
こちらは、真いか鉄板焼き酒盗和えバターのせ、です。
テーブルで火をつけて焼きます。
真いか鉄板焼き酒盗和えバターのせ(2)
みりん風味ですが、それが、バターのマイルドでクリーミィな味とピッタリでした。
たっぷりのネギも魅力的です。

氷見牛の牛すじ煮込み(1)
氷見牛の牛すじ、です。
氷見牛の牛すじ煮込み(2)
牛すじが少し硬そうに見えましたが、口の中に入れて、歯で噛むと、とても軟らかくて、とろとろしていていました。
旨味が十分に出ていて、贅沢に感じる一品でした。

名物すり身揚げ(1)
名物すり身揚げ、です。
見た目から、普段目にする、すり身揚げとは違った感じがしました。
名物すり身揚げ(2)
薄皮で、とても柔らかくふわっとした食感でした。
魚の旨みが、凝縮されていました。

甘エビチーズ春巻き(1)
甘エビの香りが口の中で広がる、甘エビチーズ春巻き。
甘エビチーズ春巻き(2)
最初は甘エビの旨味が口の中に広がり、その後で、しその風味と山芋の味が。ボリューミーでおいしい

煮たまぐ
煮たまぐ、です。
煮卵とまぐろの創作料理で、シソとわさびと一緒に、のりで巻いて食べます。
八尾のモナカアイスマンゴーシャーベット
八尾のモナカアイスマンゴーシャーベットです。
モナカの皮は専門店の高野もなか店のを使用しているため、お米の焼いた香りが強く感じられます。
パリパリの食感で、食べると、いい音が口の中に響きました。

ご飯もの

鮭いくらわっぱ飯(1)
ごんべい舎の名物、鮭いくらわっぱ飯(小)です。
鮭いくらわっぱ飯(2)
醤油をかけることで、鮭といくらの旨味がさらに引き立つと思います。

かにわっぱ飯(1)
こちらは、かにわっぱ飯(小)です。
かにわっぱ飯(2)
ほのかに、甘みのある優しい味付けでした。
蟹と錦糸卵の具材本来の甘みが出ていました。

まとめ

富山駅の北口にあるアーバンプレースの地下一階にある居酒屋産です。
創作料理が非常に多く、また、海鮮を中心に富山の名物がふんだんに使われている料理が多いと思います。
地元の方だけではなく、富山に出張をされたサラリーマンの方も多く来店されています。
ディナータイムは平日でも非常に込み合うことが多いので、来店される場合、予約をされた方が安全です。

店舗情報

店名 ごんべい舎 アーバン店
住所 富山県富山市牛島町18-7 アーバンプレイスB1F
Googleマップ
電話番号 076-445-5522
バリアフリー ベビーカーや車椅子での来店は可能だと思います。
喫煙・禁煙 可能
客層 30〜50代の年齢層が多く、男女比は7:3程度です。
2〜団体での来店がほとんどです。
BGM クラシック
注文後の待ち時間 5〜10分程度
営業時間 11:30~14:00/17:30〜22:00(月~土)
定休日は日曜日
クレジットカード 可能
混雜状況 ディナータイムは予約で空き席がないときが多いので、来店される前に事前に電話等で予約をされたほうが安全です。