恵比寿横丁〜焼肉寿司

肉寿司 渋谷区

目次

場所

恵比寿駅西口から恵比寿駅前交番に向かい、駒沢通り沿いを渋谷橋に向かいます。
恵比寿一丁目の交差点を渡り右折すると「恵比寿横丁」があり、その中に「恵比寿横丁 焼肉寿司」があります。

地図はこちらです。


恵比寿横丁〜肉寿司

2019.04.29
同じ恵比寿横丁の建物内に「肉寿司」があります。
ほとんど隣接して、店名も非常に似ていますので、場所を間違える可能性がありますね。
メニュー1
焼肉寿司のメニュー表です。
お財布の中身をどうしても気にしながら注文してしまいます。
メニュー2
単品ではなく、まとめておすすめ料理を注文したい場合は、こちらのメニューから選択します。

料理

ドリンク

ドリンク1
生ビール、ハイボール、チューハイでまずは乾杯です。
ドリンク2
こちらは「特濃抹茶ハイ」です。
かなり濃度の高い抹茶なので、お酒を飲んでいる感覚はありませんでした。

ドリンク3
「塩レモンサワー」です。
非常に飲みやすいお酒でしたが、飲み過ぎは注意ですね。
ドリンク4
「梅干しサワー」もあります。

肉料理

料理1
「チョレギサラダ」です。
料理2
混ぜて食べていきます。

料理3
「肉刺し」で牛肉刺しが5種類の盛り合わせです。
料理4
まずは赤身からですが、絶句するほどの美味でした。

料理5
こちらは「チマキ」です。
料理6
「ブリスケ」という赤身と脂が半々で、牛の肩バラ肉の一部(胸にあたる部分)です。

料理7
こちらは「牛タン」です。
料理8
「牛レバー」ですが、もちろん加熱処理されています。

料理9
焼肉寿司で、「一本タン」です。
こちらは調理された状態でテーブルに運ばれます。
料理10
長いタンなので、ハサミで切って食べました。
もちろん「一本タン」をそのまま食べるのもありです。

料理11
次の焼肉寿司は、テーブル上で調理していきます。
料理12
まずは「和牛かいのみ」で最初はスタッフさんが調理するので、それを見て同様にセルフで焼いていきます。

料理13
和牛かいのみの握り寿司の完成です。
自分で調理するのも楽しいですね。
料理14
「フォアグラ」は焼きすぎると固くなってしまうので、テーブル上でスタッフさんに調理していただきました。

料理15
フォアグラの軍艦巻きの完成です。
外は少しカリカリとしていますが、中はとろっとしていて、ウニの軍艦巻きを食べているような食感でした。
料理16
中落ちを使った悶絶焼きは手巻き寿司です。

料理21
そして大詰めはザブトンです。
バーナーで焼いて調理されます。
料理22
このようにザブトンはスタッフさんにより、ガスバーナーで眼前で調理されていきます。
炎を見るとなんとなく落ち着きます。

料理23
ザブトンを使った「SUKIYAKI」の完成です。
料理24
すき焼きなので、生卵で食べました。

まとめ

肉料理はかなり美味で、場所は人がたくさん集まる恵比寿横丁内ですが、高級焼肉店の肉料理を堪能できます。
焼肉も良いですが、肉刺しや焼肉のメニューなども用意されていますので、好きな部位と調理方法が選べるようになっています。
お財布の中身と相談しながら料理メニューを注文することが想定され、クレジットカードが利用できないので、現金はちゃんと用意したほうが良いです。

店舗情報

店名 恵比寿横丁 焼肉寿司
住所 東京都渋谷区恵比寿1-7-4
Googleマップ
電話番号 03-3334-7015
バリアフリー かなり狭いので、ベビーカーや車椅子での来店は難しいと思いますが、テーブル席は利用できる可能性があります。
喫煙・禁煙 喫煙可
客層 20〜40代の年齢層が多く、男女比は5:5程度です。
1〜3人での来店がほとんどです。
BGM なし
注文後の待ち時間 10分程度
営業時間 17:00~翌5:00(月〜土)
17:00〜翌3:00(日・祝)
定休日なし
クレジットカード 不可
混雜状況 かなり混雑しますので、席が確保できるかどうは運次第です。