辛さ2倍の「ピリカラちゃんぽん」

タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 辛さ2倍 インスタント

目次

「タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 辛さ2倍」について

「ピリカラちゃんぽん」はリンガーハットの人気メニューですが、その辛さを2倍にアレンジした味を再現したカップ麺「タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 辛さ2倍」が2022年8月15日にエースコックより全国で発売されました。
長崎県といえば、卓袱料理(しっぽくりょうり)、皿うどん、そして、ちゃんぽんといったソウルフードがありますが、リンガーハットのちゃんぽんは、その本場である長崎県の方からも絶賛されるほど、おすすめの料理メニューでもあります。
こちらの商品は、1962年に誕生したリンガーハットが、2022年に60周年を迎えたため、その記念商品でもあります。

実食

カロリー
「タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 辛さ2倍」のカロリーは1食90g当たり368kcal(めん・かやくは300kcal、スープは68kcal)です。
中身
蓋を開けて、カップ容器内にある別添の「特製ペースト」の小袋を取り出し、熱湯を注ぎます。
蓋を締めた後、「特製ペースト」の小袋を蓋の上で温めなくとも大丈夫です。

完成
熱湯を注ぎ5分で麺が戻りますので、麺をほぐし、「特製ペースト」を入れてかき混ぜて完成です。
この「特製ペースト」により「ピリカラちゃんぽん」の辛さを2倍にするため、辛い食べ物が苦手な方は、少しずつ試しながら使うのも良いかもしれません。

実食
リンガーハットで「ピリカラちゃんぽん」を最後に口にしたのが、このカップ麺を実食した3年ほど前ですが、程よい辛さで、豚骨ベースに魚介や野菜の山海の旨味が凝縮されたスープの旨味はしっかりしていた記憶があります。
そのため、2倍の辛さといっても、完食したときに額や脇に汗がにじみ出て、舌や口の中が少しピリピリする程度でした。
辛味はあっても、山海の旨味を伴った豚骨ベースのスープの旨味はしっかりとしており、モチモチ感は弱く、歯切れの良い油揚げ麺としっかりと絡み、最後まで美味しく喫食できました。

まとめ

2022年8月15日にエースコックより全国で発売された「タテロング リンガーハットのピリカラちゃんぽん 辛さ2倍」を紹介させていただきました。
1962年に誕生したリンガーハットが、2022年に60周年を迎えたこともあり、その人気メニューである「ピリカラちゃんぽん」辛さを2倍にアレンジした味を再現したカップ麺です。
2倍の辛さといっても、「ピリカラちゃんぽん」の辛さが平気な方であれば、問題なく口にできると思います。
辛い食べ物が苦手な方は、「特製ペースト」を少しずつ試しながら使うのも良いかもしれません。
適度な辛さで、豚骨ベースに魚介や野菜の山海の旨味が凝縮されたスープの旨味がしっかりとしており、モチモチ感は弱いのですが、歯切れの良い油揚げ麺としっかりと絡み、最後まで美味しく喫食できた一杯でした。