仙川駅前のアンデルセンがあるビル

oak 建物

目次

場所

京王線の仙川駅の改札を出てまっすぐ進むと1Fにアンデルセン(日本初に広島県ではじめてパンのセルフサービス方式の店舗様)がある「カワタケオークビル」があります。

地図はこちらです。

カワタケオークビルについて

OAK BUILD1
仙川駅の改札を出て、直進すると「アンデルセン」の頭文字「A」のシンボルが見えてきます。
OAK BUILD2
飲食店が3店舗、インテリア・生活雑貨の販売店「KEYUCA 仙川店」があります。

OAK BUILD3
「KEYUCA 仙川店」の入り口付近です。
1階と2階両方とも店舗がありますが、2階からは入店できません。
OAK BUILD4
「カワタケオークビル」の駐輪場です。
ベビーカー優先の仮置場がありますが、スペースが十分でないので、すぐに満車状態です。

OAK BUILD3
「カワタケオークビル」の駐輪場近くの階段を上ると、正面に「KEYUCA 仙川店」の入り口が見えますが、ここからは入れません。
OAK BUILD4
階段を上ると左手方向に「センガワポワール(sengawa poire)」の入り口があります。

B1F(地下1F)の飲食店

仙川駅前の並木

2019.02.24
地下1Fには「イマドキサカバ ナミキ」があります。
ランチタイム(11:30–15:00、L.O.14:30)はイタリアン、ディナータイム(18:00–23:30、フードL.O.22:30/ドリンクL.O.23:00)は洋風居酒屋です。

魚料理8
こちらは瞬間燻製したサーモンのポワレです。
ランチメニューの魚料理はその日によって変わります。
タプナードソースとカリフラワーのクーリ(ソース)とサーモンの相性が抜群です。
パスタ16
追加料金となりますが、「生ウニのトマトソースクリームパスタ」はランチメニューのオススメパスタです。
濃厚でしつこくない生ウニのトマトソースクリームで仕上げたパスタは絶品で、コスパも良いと思います。

1Fの飲食店

仙川駅前のアンデルセン

2019.02.08
1階には「アンデルセン 仙川店」があります。

今では、馴染み深くなっていますが、広島県ではじめてセルフサービスを開始した店舗様なのです。
パンのセルフサービスは海外では珍しいようですね。

店内
入口の正面付近には季節のパンが揃っています。
トングを使ってセルフで購入したいパンをトレイに乗せていきます。
イートイン
店内にはイートインスペースがあります。
テーブルは3つしか用意されていませんが、イートインするとコーヒー1杯サービスしていただけます。

2、3Fの飲食店

店名は日本語で「梨」という意味のフランス語

2018.11.30
2、3階には「センガワポワール(sengawa poire)」があります。

ランチタイム(11:00~15:00、L.O.14:30)はランチメニューと追加料金で、サラダバーで食べ放題、ドリンクバーでドリンクが飲み放題になります。
ティータイム(14:00~18:00)、ディナータイム(18:00~22:00、L.O.21:30)でそれぞれ料理を楽しむことができます。

ビール1
クラフトビール4種類飲み比べセットがあり、「よなよなエール」、「ホワイトエール」、「アフターダーク」、「ブルックリンラガー」の4種類の飲み比べができます。
ハンバーグ
ディナータイムのメニュー「ハンバーグステーキ ポワールスタイル」は、人気No.1の絶品メニューで、あふれんばかりの肉汁、きめが細かく、しつこくない脂、肉の旨味を堪能できると思います。

まとめ

カワタケオークビルは、仙川駅前の新しいシンボルとして誕生したテナントビルです。
樫の木が植えられていた林の地に建てられたことから「オークビル」と名付けられたそうです。
内装はスタイリッシュでオシャレな構造となっておりますので、それぞれの店舗様に来店した際、そのデザインを楽しめます。
それぞれの飲食店で、創作性に溢れた美味な料理と共に快適な空間の中で時間を過ごすことで、気分をリフレッシュさせることできると思います。